トップページ > キャッツクロー > 授乳期のキャッツクローの摂取はNG

授乳期のキャッツクローの摂取はNG

鎮痛、抗炎症作用のあるキャッツクロー キャッツクローは、インカ帝国時代からの民族アシャニンカ族が古くから利用してきた伝承薬で、鎮痛、抗炎症作用に優れ、免疫活性を向上させるといわれているメディカルハーブです。葉の付け根の部分に猫の爪のような形のトゲがあることから、キャッツクローと呼ばれています。
キャッツクローは、妊娠中・授乳中に摂取した際の安全性に関するデータがないため、妊娠中・授乳中は摂取を避けた方が良いハーブです。
授乳期におすすめなのは、母乳の出がスムーズになるようサポートしてくれるハーブを豊富に配合したハーブティーを、毎日の生活の中で飲むことです。
なかでもおすすめのハーブティーは、授乳期での母乳不足・母乳詰まりの悩みを解消してくれるハーブ・たんぽぽ根を豊富に含むティーライフたんぽぽ茶です。
からだを温め、血流をスムーズにするたんぽぽ根の成分をたっぷり配合しているので、母乳の出がよくなるといわれています。母乳は出ているけど、母乳量が少ないと感じている方で、完全母乳を目指している方におすすめです。
鎮痛、抗炎症作用のあるキャッツクロー キャッツクローは、インカ帝国時代からの民族アシャニンカ族が古くから利用してきた伝承薬で、鎮痛、抗炎症作用に優れ、免疫活性