トップページ > センナ > 授乳期のセンナの摂取はNG

授乳期のセンナの摂取はNG

下剤作用が強いハーブ・センナ センナはアフリカ原産の植物で、マメ科カワラケツメイ属のハーブです。
古代エジプト時代から下剤として利用されていたといわれており、現在でも即効性の高い便秘薬として利用されています。 センナは大腸内に入ると腸を刺激し蠕動運動を促すため、便秘に効果があるといわれています。
下剤としての作用が非常に強いため、授乳中に摂取してしまうと、母乳にセンナが入ってしまい、センナが混じった母乳を赤ちゃんが摂取してしまうことになるので、赤ちゃんが下痢を引き起こしてしまう可能性があります。
そのため、授乳中は摂取を控えた方が好ましいです。センナは、便秘薬だけではなく、お茶にも含まれていることがあります。センナ茶も、植物由来の食品で、授乳中NGと表示がないから問題ないと飲んでいる方も多いようですが、センナ茶も薬と同様、摂取を控えた方が望ましいです。
授乳期におすすめなのは、母乳の出がスムーズになるようサポートしてくれるハーブを豊富に配合したハーブティーを、毎日の生活の中で飲むことです。
なかでもおすすめのハーブティーは、授乳期での母乳不足・母乳詰まりの悩みを解消してくれるハーブ・たんぽぽ根を豊富に含むティーライフたんぽぽ茶です。
からだを温め、血流をスムーズにするたんぽぽ根の成分をたっぷり配合しているので、母乳の出がよくなるといわれています。母乳は出ているけど、母乳量が少ないと感じている方で、完全母乳を目指している方におすすめです。
下剤作用が強いハーブ・センナ センナはアフリカ原産の植物で、マメ科カワラケツメイ属のハーブです。 古代エジプト時代から下剤として利用されていたといわれており、